おしりふきの選び方 種類と比較 厚手タイプ・普通タイプ・トイレに流せるタイプなど

スポンサーリンク

おしりふき1枚に見るおしりふきの特徴から、選ぶポイントをまとめてみました。

月齢やタイプで選ぶおしりふき

たくさんあるおしりふきも、月齢やウンチのタイプによって、おしりふきのタイプが変わってきます。ここではおしりふきの分類をしてみました。

タイプ特徴(簡単に)
  
新生児期に向いている厚手タイプ◎厚手なので、しっかりふけるがコストがかかる。
  
新生児期から月齢の高い子まで使える汎用タイプ◎汎用的なのでたくさん使える。◎コストが一番掛からない。◎3個パックやケース売りをしている。
ウンチのこびりつきがとりやすいタイプ◎水分が多く拭き取りやすい。
  
トイレトレーニング時期にトイレに流せるタイプ◎トイレに流せる。

1枚の厚み

しっかりふき取れる厚みであるか。

厚いタイプのおしりふきの特徴

厚みのあるおしりふきは、1枚で十分にふき取れる反面、少しだけのウンチなどはもったいない事もあります。1パックに入っている枚数が少なく、厚過ぎて細かいところが拭きにくいというデメリットもあります。

柔らかく肌にやさしいため、新生児期に向いています。

  

薄いタイプのおしりふきの特徴

薄いタイプはコストが安いのが大きなメリットです。ただし、薄すぎるとウンチが手についてしまったりします。薄いタイプでティッシュのように何枚も使う方法もあります。

(注:メーカーはわざわざ薄いタイプと公表していないので、ここでは薄いタイプとして紹介はしません。あくまで厚いタイプとの比較対象としているだけです。)

厚いタイプと薄いタイプの使い分け

ウンチの時だけ厚いタイプ、おしっこは薄いタイプと使い分ける方法もあります。

湿り気

湿り気が少ないとふき取りにくく、逆に多いとおしりが乾きにくいです。

水分が多いものは、こびりついたウンチを拭くのにむいています。

伸縮性

ケースから取り出すときにひっかかってちぎれてしまうものは要注意。

トイレに流すタイプは、ちぎれやすい傾向があるようです。

トイレに流せるタイプ

  

トイレに流せるおしりふきはおしりふきウォーマーに流せる?

花王のQ&Aによると、使えないそうです。以下の通りでした。

[メリーズ トイレに流せるするりんキレイおしりふき]については、お使いいただけません。温めると袋の内側で結露が発生し、水分量の多くなった箇所の強度が下がってしまったり、ウォーマーの取り出し口からシートを取り出すときに、力が加わることで破れやすくなることがあります。
ウォーマーをご使用の場合は、[メリーズ するりんキレイおしりふき]をおすすめします。
花王ベビー用おしりふきQ&Aより引用)

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございました。記事が参考になると嬉しいです。
ランキングに参加してます!クリックが励みになります♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ  にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ 

      2015/11/05

 - おしりふきの選び方 , , ,