おしりふきウォーマーは必要?気になる電気代など

おしりふきウォーマーって本当に必要なのでしょうか?どんな種類があるの?調べてみました。

スポンサーリンク

おしりふきウォーマーの必要性

クイックウォーマー HU フレッシュ グリーン

おしりふきウォーマーとは、冷たいおしりふきを直接赤ちゃんのおしりに当ててしまうとびくっとしたり泣いてしまったりしないように、おしりふきを温めてあげられることの出来るアイテムです。

でも、なんだか過保護すぎるアイテムのような気もしないでもないし、無くても済むような・・・。

管理人が色々な掲示板やBlogなどをのぞいて意見をひろってきました。

購入して満足の意見

  • つけた瞬間に子供がビクっとして初めの方は手で暖めていたが、私の手が冷たい時などは暖められなかったので買った。
  • 安かったので。
  • 今までおしりふきを嫌がっていたのが、温めるとにこにこするようになった。
  • ウンチの時にもふきやすく、落ちやすい。←意見が多かったです。
  • 冷たいお尻拭きで拭くと、おしりが冷たいのか、ビク!ってしてしまったので、使ってよかった。
  • 温めたおしりふきだとこどもが暴れない。
  • ホットカーペットに温めると言う人もいるけど、うちはホットカーペットがないので必要だった。
  • 蒸発するって聞くけど蒸発しなかった(コンビ製)。
  • 市販のおしりふきは肌が荒れてしまったのでぬるま湯で拭いていた。

○買わずに済ませた派の意見

  • 無ければ無くてもなんとかなった。
  • お尻拭く前に手で少しあたためてから使うだけでもいいと思う。 テレビの上に置いとくだけでも、暖かくなる。
  • 電気カーペットの上で暖めて使っていた。
  • 水分が蒸発して乾くという事を聞いたのでやめた。
  • 必要ないという意見が多かったので買わなかった。
  • 電気代がかかる。
  • 常に温めた状態でいると雑菌が繁殖しやすいと聞いたので。
  • 昔の人はそんなの使わなかったのだし、なんでもかんでも商品にたよるのはよくない。

買ったけどあまり使わなかった・・・という人の意見

  • 面倒臭くなって使わなくなった。無くてもよかった。
  • いろいろなところでおむつ替えするので、コンセントに差し込むのが面倒。
  • おしり拭きが残りわずかになってくると、水分が蒸発しておしり拭きはほとんど乾燥してしまう。←意見が多かったです。
  • 昼間は働いているので、その間乾いてしまう。そのため使わなくなった。
  • 最初だけ温かいけどすぐ冷たくなる。
  • 夜中にうんちすることないので使う機会があまりなかった。

重宝したという意見も、買わなくても済んだ、という意見も同じくらいありました。買ったけど使わなくなっちゃったという意見の人は、「乾いたから」「コンセントが面倒」という意見が主でした。

おしりふきウォーマー購入を考える

おしりふきウォーマーを買ったほうがいいケース

  • 寒冷地に住んでいる
  • 真冬の夜中のおむつ替えが頻繁(生まれたばかりなど)

寒冷地だったり、新生児期など寒い冬の夜中におむつ替えをする赤ちゃんの場合、部屋がとても冷え切っておしりふきが氷のように冷たくなるかもしれません。購入は慎重に考えた方がいいアイテムだと思いますが、上のふたつに当てはまる場合は使う頻度も多そうです。

おしりふきウォーマーを購入しなくてもなんとかなるケース

  • 冬生まれではない
  • 部屋はいつも暖かい
  • 代用できるグッズ(テレビ、ホットカーペット、コタツ)がある

赤ちゃんが低月齢で冬を迎えない限りは、使わなくてもなんとかなるんじゃないかと思います。

おしりふきウォーマーを使わないで済ます方法

こちらも口コミからひろった意見です。大体この意見がほとんどでした。

  • ケースから出してテレビの上に乗せる。
  • こたつ布団の中に入れる。
  • おしりを拭く直前に手で軽く温める。
  • 電気カーペットの上に置く。←意見が多かったです。
  • カイロを乗せておく。

市販のおしりふきを使うおしりふきウォーマー

思ったほど電気代が掛からないという印象です。コンビの場合、1日5.5円ですので、30日使いっぱなしでも1ヶ月175円で済みます。

電気代についてはそれほど心配なさそうです。

メーカー コンビクイックウォーマー
電気代 1日5.5円
価格(詳細は下に) 2,610円

下記のメーカーの価格は紹介している店舗での価格です。

コンビのクイックウォーマー

底が上がってくる仕組みなので、残量が少なくても取り出しやすくなっています。「流せるおしりふき」には使用できません。

2,610円 あたため方法:上から直接あたためるトップウォーマーシステム採用で、約30分で適温(45度)に。
気になる消費電力:消費電力15Wの省電力タイプで電気代は1日約5.5円と経済的。

 

コットンなどを利用して暖かいおしりふき代わりに出来るグッズ

4,320円 いつでも暖かい濡れコットンを作れるアイテム。市販のおしりふき成分が気になる方へ。電気代1日約3.5円
3,065円 アカチャンホンポの人気商品。温水を噴射してこびりついたおしりの汚れも洗い流せます。

 

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございました。記事が参考になると嬉しいです。
ランキングに参加してます!クリックが励みになります♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ  にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ 

   

 - おしりふきの選び方 , ,