妊娠線とは?妊娠線を予防するには

スポンサーリンク

妊娠線とは?

いわゆる肉割れ。お腹が大きくなり皮下組織が伸びに耐えられなくなってひび割れたような線がお腹に出来てしまう現象です。

出来ない人もいれば、出来てしまう人もいます。

<参考>妊娠線ができるまで(gooベビー) 写真とメカニズムが参考になります。

妊娠線ができる理由

妊娠線は、急激な体重増加と、皮膚の乾燥が主な原因となるそうです。

皮膚の乾燥防止には妊娠線予防クリームが有効ですが、体重管理も大切です。

ちなみに私は、妊娠線が出来てしまいました。10ヶ月になってから出来たので悔しいです。特に妊娠線予防クリームを使わず、お風呂上りにちょこちょこ保湿クリームを塗ったりしましたがそれが甘かったのか、9ヶ月~10ヶ月のあたりで正月をはさみ急に体重が増えてしまった事が原因かも・・・。

妊娠線予防はいつから?

お腹が大きくなってから、と思いきや妊娠初期からやるのがいいそうです。お腹だけではなく、乳房や太ももにも出来やすいので注意。

妊娠線予防クリームで予防

体重管理が大事なのはもちろんですが、妊娠中のかさつきやすい肌に十分な保湿が必要です。妊娠線予防クリームで特に、マドンナのスキンクリームはマッサージいらずで大人気、ロングセラー商品です。

オーガニックのエキストラバージン・オリーブオイル、モロッコ産のアルガンオイル、
シアバター、ホホバオイルが肌のカサカサと弾力をサポート。

参考サイト

妊娠線ができるまで(gooベビー)

妊娠線って何?(マドンナ公式サイト)

 

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございました。記事が参考になると嬉しいです。
ランキングに参加してます!クリックが励みになります♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ  にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ 

      2015/06/20

 - マタニティ・産後グッズの選び方