調乳の仕方 赤ちゃんの水について

スポンサーリンク

調乳の仕方

調乳の手順を整理してみました。

ポイントは、清潔・正確・新鮮です。

清潔・・・必ず手を洗います。

正確・・・計量は正確に。

新鮮・・・飲み残しは赤ちゃんに与えない事。

1.手を洗う

石鹸で手を洗います。

2.哺乳瓶にお湯を入れる

一度沸騰させてから、50~60度に冷ました湯冷ましを使います。熱湯はビタミンなどの栄養素が壊れてしまう事があるので厳禁です。

3.ミルクを量って入れる

必ず粉ミルクメーカーの専用スプーンで入れます。必ずすり切りして正しく量ります。

4.軽く振って溶かす

上下に振ると空気が入ってダマが出来やすくなるので、水平に円を描くようにやさしく振ります。

5.出来上がり量までお湯を足す

ミルクが泡立っているときは、泡の一番下の部分が出来上がり量の目安になります。

6.乳首をセットする

乳首をセットし、再度軽く振ります。硬く締めすぎるとミルクの出が悪くなるそうですので、赤ちゃんに合わせて調節をします。

7.温度を確認する

赤ちゃんに飲ませる前に、腕の内側にミルクを数滴たらして温度を確認します。実際に飲ませる温度は40度くらいです。

(参考:「出産&新生児大百科」ベネッセコーポレーション、 Pigeon.info

調乳の裏技

裏技というほどでもないですが・・・。

50~60度のお湯をすぐに作る方法

  • 調乳ポッドを使う(調乳グッズの種類参考)
  • 電気ポットで熱湯を保温状態にしておき、冷蔵庫に赤ちゃん専用の水を用意する。熱湯と水を混ぜてちょうどいい温度にする(湯冷ましでも可)。

温度の微調整

  • 熱かった場合は、流水に当てるなどして冷やす
  • 冷たい場合は、ボウルなどにお湯を入れて湯煎にする。

(熱すぎるミルクは成分が壊れるので冷やせばいいってものではないそうです。注意)

外出時の調乳

  • 熱いお湯の魔法瓶と湯冷ましの2種類を用意する。
  • ミルクはスティックのものが便利。
  • ミルカーという3回分計量しておけるものを持ち運ぶ。

ミルクは栄養価が高く雑菌が増えやすいので、あらかじめミルクを作って持ち運ぶのはやめた方がいいそうです。(参考:森永Q&A

詳しくは、外出時の授乳・調乳にもまとめてあります。

ミルクの水について

ミルクの水は、一旦沸騰させるもの?それともそのまま使えるの?ミネラルウォーターは??

・・・というわけで、調べてみました。

水道水を使う場合

一旦沸騰してから冷ますのが基本です。便利な調乳グッズについてはこちらでまとめました。

湯冷ましを作る

一旦やかんなどで沸騰させて冷ましたものです。熱湯と混ぜて50~60度くらいのお湯がすぐ作れて便利です。

電子レンジで沸かす場合

電子レンジを使う場合は、雑菌済みの調乳用の水(下記の赤ちゃん専用の水とか)を使います。

赤ちゃん専用の水を使う

加熱殺菌済みなので、煮沸消毒する事無くそのまま使う事が出来て楽です。

加熱殺菌済みなので煮沸消毒がいりません。赤ちゃんのミルク作りや離乳食作りに安心して使える純度です。ミネラルをほとんど含まないので、粉ミルク・離乳食などの素材のミネラルバランスを崩しません。
●加熱殺菌済みの赤ちゃんにやさしいお水です。
●粉ミルクの栄養バランスをくずさない、調乳に適したお水です。

ミネラルウォーターは調乳に使えるか

ミネラルウォーターは必要以上にミネラルをとることになり、バランスが崩れて、赤ちゃんに負担をかけてしまいます。

調乳の水は水道水が基本です

コナミルクは基本的に一度沸かした国内の水道水で溶くことを前提につくられています。コナミルクには、赤ちゃんの成長に必要なミネラルがバランスよく含まれています。ミネラルウォーターを使うと、必要以上にミネラルをとることになり、バランスが崩れて、赤ちゃんに負担をかけてしまうことになりかねません。ですから、ミネラル分の多い水はお避けください。水道水をくみ置きし、5分程度沸騰させて、40~50度程度まで冷ましたものをご使用いただくとよいでしょう。衛生面、安全面、栄養面からも、この方法をお奨めしています。

(明治乳業|育児支援より引用 )

ブリタのろ過したお水は調乳に使えるか

ブリタ公式ページのQ&Aでは使用可能とありました。ただし、沸騰が必要です。

ご使用いただけます。普通の沸騰では除去に苦労するトリハロメタンを除去しますし、沸騰だけでは除去できない重金属の除去にも有効です。赤ちゃんの安全を考え、浄水後の水を沸騰してからご使用されることをお薦めします。(ブリタQ&Aより引用)

浄水器のお水は調乳に使えるか

和光堂によると、煮沸する事をおすすめしています。

浄水器は、水中の不純物を取り除く目的では効果的であり、かなり一般的に使用されるようになってきています。

しかし、その効力は永久的なものではなく、定期的なカートリッジ交換や洗浄保守が必要です。

この保守を怠りますと浄水器が細菌汚染をうけることになってしまいます。

このような理由から、浄水器を通した水を調乳に使う場合でも、煮沸することをおすすめします。(和光堂Q&Aより引用)

震災以降、安心したお水を使い続けたい方は、ウォーターサーバーがいい?

安心、そして美味しい、飲料水はもちろん料理などにも使えるウォーターサーバーは人気急上昇です。

調乳参考サイト

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございました。記事が参考になると嬉しいです。
ランキングに参加してます!クリックが励みになります♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ  にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ 

      2015/07/12

 - 母乳・ミルクグッズの選び方 ,