布おむつカバーの種類と特徴

おむつカバーには3種類の素材とベルト位置の違う2種類のタイプがあります。
通気性や赤ちゃんの成長によって使い分けるといいでしょう。

スポンサーリンク

素材 (綿・ウール・ポリエステル)

写真 種類 特徴
綿 通気性が高く春夏生まれの赤ちゃん向き。撥水性に劣るので、撥水加工、防水加工されたものを選びましょう。→綿のおむつカバーの種類
ウール 通気性がよく、冬は温かで夏は涼しい定番商品。素材に撥水性があります。洗濯によっては縮む事があるので要注意。
→ウールのおむつカバーの種類
ポリエステル 撥水性に富んだ素材。洗濯しても乾きが早いので梅雨の時期には特に便利。通気性についても改善されています。→ポリエステルのおむつカバーの種類

(参考:たまごクラブ2004年2月号付録「出産準備・育児用品 賢く安く買うならこれ!大調査」P34より)

私はポリエステルが使いやすかったです。赤ちゃんの肌と通気性を考えたらウールの方がいいのでしょうけれど、ウールはちょっと高くて汚れが落ちにくかったです。その点ポリエステルは洗濯も簡単で乾きやすいのです。しかも安かったので(結局これですが)。

ただし、合成素材なので、品質を考えたら綿かウールの方が無難だと思います。

赤ちゃん本舗では当時ポリエステル製オムツカバーが2枚入り980円で売っていて、とてもお手ごろ価格で使いやすかったです。

形 (外ベルト・内ベルト)

写真 種類 特徴
外ベルト 着脱が簡単で、足回りや、腰回りの調節も簡単にこまかくできます。新米ママはこのタイプでスタートするのがおすすめです。若干、ごろつきやすいのが難点。新生児用はこのタイプがほとんどです。
内ベルト 3ヶ月が過ぎて、動きが活発になった赤ちゃんにおすすめです。内側のベルトでカバーをきちっと固定し、その上からお腹側のおむつをかぶせます。

(参考:たまごクラブ2004年2月号付録「出産準備・育児用品 賢く安く買うならこれ!大調査」P34より)

私が頂いたカバーが50cm(新生児サイズ)と60cm(1~3ヶ月くらい)だけだったので、大きくなってからカバーを買い足しました。西松屋、コンビミニ、赤ちゃん本舗、ミキハウスなどで買いました。カバーは高いので、60~80cmとサイズを調整できるものもひとつ買いましたが、長く使えて便利です。

カバーのサイズ

あくまで目安です。体重を基準にして選びましょう。

サイズ 月齢 体重(㎏) 身長(cm) ベルトタイプ
50 新生児 50 外ベルトが主流
60 3ヶ月 60 外ベルトが主流
70 6ヶ月 70 内ベルトが主流
80 18ヶ月 11 80 内ベルトが主流
90 24ヶ月 13 90 内ベルトが主流
95 36ヶ月 14 95 内ベルトが主流

ナカムラ赤ちゃん店楽天市場店 の布おむつ情報より参考にさせていただきました。)

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございました。記事が参考になると嬉しいです。
ランキングに参加してます!クリックが励みになります♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ  にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ 

   

 - 布おむつの選び方 ,