布おむつライナーとは?種類や特徴比較など

布おむつのライナーとは

布おむつとおしりの間に敷いて使います。紙おむつには必要ありません(紙おむつだけを使っている人でよく間違えて買ってしまう人もいるそうです。)。ウンチの時は水分を通してウンチだけをキャッチするので、洗濯が楽になります。おしっこの時も水分を通すのでおしりをサラサラに保てます。

必ず無いといけないものではありません。あると便利なグッズです。

スポンサーリンク

使い捨てライナー

ソフライナー

私が使用していた時はピジョンとチュチュ(今はなし)のものが主流でした。私は柔らかい素材のピジョンのソフライナーをよく使っていました。

使った分だけ捨ててしまうので、紙おむつよりはコストはかからないけど・・・ちょっとお金がかかってしまうのがデメリット。でも処理はとても楽で扱いやすいのがメリットです。

洗って使えるライナー(ネット)

ライナーというより、ネットと呼ばれている事が多いです。

おしりとおむつの間に空気の層を作り、おむつの中の空気やオシッコや汗による湿気通して、おしりを快適に保ちます。

ネットそのものには吸水性がなく、濡れたスペアが直接肌に触れることもないので、つねにサラサラ感をキープします。ウンチの始末も簡単です。

洗って何度も使えるのでコストを抑えられるメリットがあります。

おむつネット(ほほえみ工房) エンジェルソフトベビー
スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございました。記事が参考になると嬉しいです。
ランキングに参加してます!クリックが励みになります♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ  にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ 

      2015/08/11

 - 布おむつの選び方 ,