ベビーカーの種類<A型・B型・バギー・3輪・海外製>をおさえよう

スポンサーリンク

ベビーカーのおおまかな種類

赤ちゃんとのお出かけには、ベビーカーが便利です。

赤ちゃんの月齢が小さい頃はA型を使用し、腰すわりができる7ヶ月ごろになるとB型を使用するというパターンが多いです。しかし、A型をそのままずっと使っていくというパターンや、抱っこひもを7ヶ月頃まで使ってからB型にするというパターンもあります。

また、最近は海外のインポートベビーカーも人気で、国産のベビーカーのようにA型・B型とはっきりわかれていません。

種類も多く、それぞれにメリットデメリットもあるので、生活パターンと予算の兼ね合いを考えて選ぶのがいいと思います。

A型ベビーカー

まだ首のすわらない赤ちゃんを寝かせた姿勢で使用できる。安定性や走行にこだわった商品が多く、値段はやや高め。A型ベビーカーの特徴

多機能ベビーカー

車のベビーシートとしても使えるし、ベビーラックにもなり、そのままベビーカーに組み合わせて使用できる。車からベビーカーの乗せ降ろしがとても楽。
多機能ベビーカーの特徴

B型ベビーカー

一人座り出来るようになった赤ちゃんが使える。コンパクトで軽量なのが特徴。値段もA型に比べると安い。
B型ベビーカー・バギーの特徴

3輪ベビーカー

走行性にこだわっているため押しやすく扱いやすい。タイヤが大きくコンパクトにはならない。3輪ベビーカーの特徴

インポートベビーカー

ファッション性が高く、人気が高い。4歳頃まで使えるものが多い。値段はまちまち。インポートベビーカーの特徴

二人乗りベビーカー

双子や兄弟一緒に使用できるベビーカー。二人乗りベビーカーを見る

 

月齢別ベビーカー

新生児 1ヶ月 2ヶ月 7ヶ月 2才 3才
A型  ○
B型
多機能型
バギー
3輪型
インポート 商品によってまちまち

◎適応 ○商品による

A型とB型は、SG製品基準では最長48ヶ月までの使用となっています(商品によります)。

ベビーカーの種類のメリットデメリット

メリット デメリット
A型 赤ちゃんにとって乗り心地が良い。
長く使える。
高価になりがち。
重たい。
B型 軽くてコンパクト。
A型に比べて安価。
A型に比べて乗り心地が良くない。
多機能型 1台でベビーシートやベビーカーを兼ねられる。
新生児から使える。
重たい。
車種が限られる。
バギー 軽くてコンパクト。
A型に比べて安価。
B型より乗り心地が良くない。
簡易的なので長時間の走行に向かない。
3輪型 安定した走行。小回りが利く。 重たい。
インポート デザインが良いものが多い。
安定した走行にこだわったものもある。
自立しないものが多い。
コンパクトにならないものも。
重たいものも。

 

↑全品送料無料!ベビーカーも多数扱っています。

スポンサーリンク


読んでいただきありがとうございました。記事が参考になると嬉しいです。
ランキングに参加してます!クリックが励みになります♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ  にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ 

      2015/08/01

 - ベビーカーの選び方